読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗するプロジェクトの兆候とは

仕事
「自分はちゃんとやっている」という担当者がいるかどうかで分かる。残念ながらそんな人がプロジェクトに居たら注意が必要だ。

プロジェクトを進めていけば、関係者間に何らかのトラブルは発生する。「自分が正しい」と主張する人は、そのトラブルを解消させずに拡大させるし、場合によっては自らそのタネを作り出す。

問題に向き合わない、「否認」はどんな場合でもトラブルのタネだ。

この手のトラブルメーカーは、何らかの方法でつじつまを合わせる。よってそのトラブルは露見しない。その解決方法もイケてない。本人は俺しかできない「すごい手」と武勇伝にする。

しかし、同じ問題は再発するし、そのせいで相手との関係も悪化する。問題を未来のツケに転嫁する。

売り上げが無いよりはあった方がマシだが、そういう兆候がある人には、問題解決請負人を組ませるなど工夫がいる。

結婚生活も有期のプロジェクトと考えれば同様であり、熟年離婚はそのツケの代償なのだろう。