読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険予知(KY)ブログ〜特にIT業界

全てのエンジニアをデスマーチやメンタルヘルスの問題から救いたい。https://www.facebook.com/groups/625574184259113/

「手戻り」「情報過多」を無くすには

仕事

案件をフェーズで区切り成果物、利害関係人の合意をまとめたドキュメントを作成する。そのドキュメント作成のコストを想像しスケジュールを立て実行する。

 

携帯電話が待ち合わせに核心を与えた。即ち、「○月△日、渋谷(辺り)、3時(ぐらい)」という奴である。これが成り立つのは、緊急性は高いが重要度は低い案件だからである。仕事は違う。仕事の出来ないタイプはこの感覚で仕事を始める。だから失敗する。

 

仮に合意事項がA4一枚程度の情報量だったとして、その資料作成から合意形成には思いの外コスト(お金だけでなく時間も)がかさむ。顧客、自分の二人の場合、一時間もかからないだろうが、特に契約が重層的になっている場合、10人日ぐらいかかるものもザラでは無い。仕事の出来ない人はこれが理解出来ない。渋谷で遊ぶのとは訳が違う。

 

ドキュメントの質の向上には「改定履歴」を付けるのが良い。短く書く様になるだけでなく、そもそも修正をしなくても良い様に確認をシッカリとるようになるからである。

 

仕事の出来る「渋谷系」になろう。

「仕事ができるやつ」になる最短の道

「仕事ができるやつ」になる最短の道